リレーコラムについて

リクルートとウィル

有本久美

今さらなんですけど、
前回は旦那のことばっかり書いて、
自分の自己紹介を
ろくすっぽしていないことに
気づきました。

といっても、これといって
特筆すべきおもしろキャリアが
あるわけじゃないので、
今日は、私の働いている
リクルートについて
書かせていただきます。

私の勤める会社は、
リクルートコミュニケーションズという
リクルートグループの制作会社です。

進学、住宅、結婚、そのほか多岐に渡り
いろんな広告を手掛けていますが、
私は、大学生におなじみのリクナビをはじめとした
HRの新卒採用広告を手掛ける部署にいます。
(でも今日の話は新卒領域は関係ないけど。)

この会社の面白いところは、
あーしろこーしろと、ほとんど言われないところ。
その代わりに、口うるさく言われるのは、
「お前のウィルは何なの?」です。

リクルート的言い回しなので翻訳します。
「あなたのやりたいことは何ですか?」です。

これ、職種や立場は一切関係ありません。
先輩も上司も経営層も、営業も制作もスタッフも、
みんな言われるし言います。

最初は衝撃でした。
与えられたミッションをクリアして評価されるのが
仕事だと思っていたし、
クライアントの課題を解決しにいくのが
広告の仕事だと思っていたから。

もちろん、そのふたつも
間違ってはいなかったのですが、
それだけで「頑張ったね」とは
言われないのがリクルートでした。

目の前のクライアントが望むこととか、
今ある予算の中で最大限できることとか、
それをやるのはあたりまえ。
で、お前はこの仕事で何したいの?と。

始めの頃、私には意志もへったくれもなく、
自分の手がける広告で効果が出たら嬉しい!
クライアントが喜んでくれたら嬉しい!
くらいのもので、
もちろん先輩にもそう答えていました。

するとやっぱり、あの言葉が。
「ありちゃん(私)のウィルって何?」
「この仕事通して何を実現したいの?」

また来たぜ、ウィル。
毎回これ。
もう、ウィル地獄。

冒頭に書いたように、
あーしろこーしろとは言わない会社なので、
君の目標はまずコレにしなよ!
これを期待しているよ!
なんて言ってくれないのがリクルート。

そもそも、自分はどうしたいのか?
という問いには、自分しか答えられない。

だから、好きにしたらいいじゃん、と。
答えなんてないんだから、俺に聞くな、と。
突き放されるばかりの
辛いミーティングを繰り返していました。

でも、入社当初にボコボコに
ウィルを問われ続けたお陰で、
ついに私にもウィルは芽生えました。
(注:ボコボコいうても手を出されるという意味ではない。)

で、そのウィルなんだったの?を具体的に書くと
非常に長くなる気がするので割愛しますが…

意志をもって仕事をできると何がいいって、
私はまず単純に仕事が楽しくなりました。

広告が好きで、仕事は楽しんでいるつもりだったけど
比にならない勢いでもっと好きになった。

目の前のしんどい仕事とか、小さいこと一個一個が、
全部自分のウィルを実現させるための
プロセスのひとつに見えてきたんですね。

あと、手前味噌だけど、
大声ででかい夢を語っても、
上司が真面目に耳を傾けてくれる会社って
やっぱいいな、と。

○○業界まるごと、こう変えたい!とか、
日本の○○を何とかしたい!とか、
世界の○○を私がつくる!とか、
これくらいのことを、結構本気で言い出します。

別の会社だったら、
分かったから、まず目の前の仕事ちゃんとしなさい。
となるんじゃないかな。

むしろ、うちでは自分のウィルについて話すとき、
それが少しの頑張りで成し遂げられそうな
こじんまりした夢だと、またボコボコにされます。
(注:ボコボコいうても手を出されるという意味ではない。)

あと、
こんな大それたこと自分が言ったら笑われるかも…
みたいな躊躇をすると、全部見透かされて
自信のなさをまたボコボコにされます。
(注:しつこいけどボコボコいうても手を出されるという意味ではない。)

もちろん、リクルートも会社なので、
その夢、ちゃんとマネタイズできるの?とか、
リクルートとして成し遂げる意味はあるの?とか、
その辺はすごくシビアだけど、
とにかく意志があってビジョンさえ示せば
プロセスは何とかうまくいくように力をかしてくれる。
こんな会社、なかなかないと思います。

今年もまた、ピチピチの新入社員がたくさん入ってきました。
みんなウィル地獄を経て(?)
夢を持って、仕事人生を楽しめるといいな。

ちょっと長くなりましたが、
私はそんな会社で働いております。
という、自己紹介でした。

———————————-

最後に言い訳を。

昨日はいきなりサボってごめんなさい。
おなかが、痛かったんです。
小学生の仮病みたいな言い訳だけど本当です。

取り留めのない、テーマばらばらのコラムですが、
明日もまた頑張ります。

NO
年月日
名前
4579 2018.11.13 片岡良子 はい!
4573 2018.11.12 春日井智子 今宵は、シャンパンからはじめましょう。
4572 2018.11.09 春日井智子 今宵は、ビールにいたしましょう。
4571 2018.11.06 春日井智子 今宵は、日本酒にいたしましょう。
4570 2018.11.03 照井晶博 「家族in畑」
  • 年  月から   年  月まで