リレーコラムについて

食うために書かされています

田中泰延

コピーライターよ。
東京コピーライターズクラブの皆の衆よ。

このフレーズが便利だから今日も使ってしまったぞ。
言っとくけど、今日の話は早い。

君らは、コピーライターだ。
文字や文章を書いて生計を立てている。
口に糊している。

わたしは口に糊を入れられたらいやだ。
とくに、でんぷんのりだといやだ。

それはそうと、
文字で生活するということは、

「ペン一本で飯を食う」

ということである。

だが、難しい。

二本ないと、無理だ。

ためしにカップ麺でやってみろ。

コピーライターよ。
東京コピーライターズクラブの皆の衆よ。

カップ麺が冷めたからって、
変なことに使うな。

たまーに、思い出したように、
所属している合唱団のブログも書いています。
テナーOという名前ですが、わたしです。

http://yaplog.jp/singen-lustig/archive/281

わたしの番はまだ一日あるので、また明日。
次の人の指名もしなくてはなりませんね。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで