TCC賞について

topic_path

TCCが選ぶ、優れた広告の制作者に贈られる賞です。
昭和37年からスタートし、いまや長い歴史を持つ賞になりました。
審査は一般部門・新人部門に分かれ、それぞれ賞を決定します。

部門に関して

一般部門

TCCグランプリ
業種・媒体を問わず、その年の最も優秀な広告作品。
TCC賞
業種・媒体を問わず、全体の上位約10点に選出された優秀な作品。
審査委員長賞
審査委員長が特に優れていると判断し、選出した広告作品。

新人部門

最高新人賞・新人賞
TCCの会員以外の制作者による、一定の水準をクリアした広告作品。その中でもっとも優れた作品の制作者には最高新人賞が贈られます。
(新人賞を受賞するとTCC会員になる資格が得られます。)

応募に関して

応募対象

TCC会員ならびに一般からの公募。
前年度(3月1日から翌年2月末日まで)に実際に使用・掲載された
各種広告(グラフィック、CM、WEB、ネーミングおよびPOP等)の自作品。
応募しなければ審査の対象になりません。

応募作品

一般部門は、何作品でも応募可能。
新人部門は3~5作品をワンセットにして応募。

応募スケジュール

2月初旬~2月末  応募エントリー受付
※エントリーはすべてWebからとなります。
※2013年より、全部門共通で2月末までとなりました。
※応募についての詳細は、2月初旬に発表される応募要項にてご確認ください。

審査委員

会員による選挙で選出されます。
一次審査委員:TCC会員から90~100名程度
二次審査委員:TCC会員の中から投票によって決められた35名前後

業務部門の分類

一般部門は、TCCが定める業種ごとに応募していただきます。
業種の詳細は応募要項をご確認ください。

ページトップへ